婦人

メンタルケアの道|うつ病治療は原因の除去から

治療方法

頭を抱える人

投薬による治療

うつ病の主な治療方法は、投薬による治療です。抗うつ剤を飲むことにより、セロトニンの消失を抑制したり、眠りを深めて睡眠の質を向上させたり、心を落ち着かせる作用があるといわれています。こういった抗鬱剤を服用することにより、うつ病の進行を食い止め、事態を改善することができます。しかし、薬の効果が現れ始めるには一週間以上かかり、副作用も現れます。そして何より、患者本人が勝手に服用をやめてしまうといったこともあります。薬の効果を信頼できなくなったり、自分は回復したと思うので飲む必要はなくなったと勝手に判断してしまうことにより、効果が現れる前に飲むのをやめてしまうのです。そうなってしまうと事態は好転しないどころか悪化する原因となるため、なるべく薬の管理は患者本人ではなく、家族の人が行うことが推奨されています。
なお、抗うつ剤以外にも抗うつ効果のあるものは多いです。たとえば、セントジョーンズワートというハーブは抗うつ作用があり、ストレスの解消に効果があるとされていますし、パッションフラワーには不眠症に効果があるとされています。抗うつ剤に比べて効果は薄いかもしれませんが、鎮静作用があり、何より副作用がないのでハーブを活用して症状の緩和を行うというのは有効です。

カウンセリング

投薬治療と同じくらい重要な要素を占めるのが、カウンセリングです。軽度のうつ病の場合抗うつ剤を飲まなくてもカウンセリングだけで解決することができます。カウンセリングによる主な効果は、自分の思考の整理です。うつ病というのは、最終的には自分で原因を見つけ、自分で克服して治す病気です。抗うつ剤もカウンセリングもうつ病になった原因を発見するための補助であり、最終的には自分自身で立ち直るしかないのです。カウンセリングをおこない、カウンセラーの人に自分の悩みを打ち明け、会話をすることで自分では気づかなかったことに気づくようになり、うつ病の原因を発見しやすくします。そのため、カウンセリングは治療に大きな恩恵をもたらすことが多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加